2015年12月12日 東京レッドフォックスWヘッダー @府中市民球場

0

    2015年12月12日 東京レッドフォックスWヘッダー @府中市民球場

    第1戦

    TTKJ 3-5 東京レッドフォックス

    ブログ書くのがおそくなってしもうたわ。

    で、紅白戦参加の皆さん、お疲れ様でした。

    さてWヘッダー第1戦はTTKJ戦

    [試合詳細]

    第1戦の先発バッテリーは

    博投手[#26]と近藤捕手[#28]。

    素晴らしいコントロールと、見事なリードで、相手打線を打たせて取るピッチング。

    相手に先制を許さず、試合を組み立てます。

    打線は菊地選手[#13]の2ベース,

    助っ人で来てくれた廣田さん、広地さんの活躍もあり、3回に2点を先制!!

    見事なコントロールで、粘りをみせた博投手は、先制点を守りきり、4回を無失点で

    リリーフの永水投手[#8]に後を託しました。

    永水投手も、相手打線を緩急で翻弄し5回を無失点に抑えます。

    2点リードで迎えた6回表、首藤選手[#21]のタイムリーポテンヒット、

    今日3安打の堀江選手[#6]のタイムリーで3点を追加!!

    見事に勝利をおさめました!!

    [今回のハイライト]

    [博投手[#21]4イニングを無失点の快投!!]

    4イニングを無失点に抑えた博投手。

    素晴らしいコントロールで、近藤捕手のリードに応え、相手打線を見事に抑えました!!

    ほんとうにナイスピッチングでした!!

    次回も期待してます!!

    [3打数3安打1打点の大当たり、堀江選手[#6]]

    忙しい中参加してくれた堀江選手!!

    他の選手の手本となるようなクリーンヒットを3連発!!

    堀江選手が入ると、やっぱりチームも盛り上がりますね!!

    [菊地選手[#13]の特大の右中間2ベース]

    3回表に目の覚めるような、特大の2ベースを放った13年の三冠王!!

    まだまだ衰えないバッティングで、見てて気持ちの良いバッティングでした!!

    第2戦

    長尾会 16-6 東京レッドフォックス

    [試合詳細]

    第2戦の先発バッテリーは

    首藤投手[#21]と志村捕手[#0]。

    立ち上がりから、フォアボールでランナーを出し、ヒットで返されるという悪循環のピッチング。

    そのピッチングが、守りにも影響を与え、初回から6点を失う。

    打線は2回に永水選手[#8]の2点タイムリー、3回に志村選手[#0]のタイムリーで

    2点を返すも、ピリッとしない首藤投手が失点を重ね、なかなか流れが作れない。

    その後も打線は、志村選手の今日2打点目となる犠牲フライなどで得点を重ねるが、

    全く復調の気配のない首藤投手は流れをつかめないままにゲームセット!!

    [今回のハイライト]

    [タイムリーを含む2打点、志村選手[#0]]

    長い捕手機会だったにもかかわらず、

    驚異の集中力を見せ、本日2打点の活躍!!

    大差の中でも、みんなを引っ張りました!!

    [快心のセンター前タイムリー、永水選手[#8]]

    二日酔い、Wヘッダー、投手登板と、へとへとになりながらも、

    快心のタイムリーで2点をもぎ取りました!!

    まるで酔拳のジャッキーを見ているような、

    さすがのバッティング。

    頼もしいかぎりです。

    さて、2戦目はほんと、ごめんなさいですわ。ピッチャーとして試合をぶちこわしてもうたですね。

    せっかくのみんなの楽しい時間を。

    今度ちゃんとお返ししますので。

    では次回は12月23日のレッドスターズ戦。

    がんばっていきましょう!!


    第1戦 2015年11月21日 東京レッドフォックス紅白戦 @是政野球場

    0

      レッドフォクス紅白戦第1戦

      東京レッドフォックス 4-2 東京レッドフォックス

      紅白戦参加の皆さん、お疲れ様でした。

      久しぶりのブログ更新です。

      多数の選手から、

      『最近、ブログはどうした!?』

      『勝った試合もブログは書かないのか!?』

      とのお叱りがありましたので、今回からちゃんと書かせていただきます。。

      みなさん、ブログさぼってごめんなさ〜いね。

      さて、今回は、試合詳細のまえに、どうしても書いておきたいことがあります。

      試合後、久保田監督からも発表がありましたが、

      11/21の試合をもって、久保田監督が勇退されることになり、

      11/22以降は、久保田監督からの指名を受け、志村新監督が就任することとなりました。

      俺がこのチームに入団させてもらったのが、いまから2年前の4月の事。

      その頃はいつも参加人数が少なく、いつもギリギリの人数で試合をしていました。。

      それが、今では新しいメンバーも増え、しかもみんな退部することなく、

      いまでは紅白戦までできるほどの大きなチームになりました。

      これは本当に久保田監督の人柄とご尽力以外の何ものでもないと、俺は思っております。

      これだけの人数が、何のしがらみもなく、

      『コンスタント』に、『野球場』で、『対戦相手』と、『純粋に野球の試合を楽しめる』のも、

      本当に久保田監督のおかげだったのだと、本日改めて感じ入ることができました。

      今後は一選手として、のびのびと野球を楽しんで欲しいと思っています。

      そして同級生として、一緒に野球を楽しめたらと思っています

      久保田監督、長い間本当に有難うございました。そしてお疲れ様でした。

      そして志村新監督。今年の夏頃から助監督として、監督の引き継ぎをし、

      『球場の手配』『対戦相手と連絡を取り合い』『入団応募選手とのコンタクト』

      『全員の守備希望やスケジュールを調整』をし、

      情熱と誠意を持って本日新監督となられました。

      新監督よりも年上が多い中、やりにくいことが今後は出てくるかもしれないですが、

      みんなで新監督を支えていきたいと思っています。

      そして、新監督より指名を受け、11/22以降もシュトウがキャプテンをすることになりました。

      俺もキャプテンとして、しっかり支えていきたいと思っています。

      みなさんよろしくお願いします。

      キャプテンからみんなに一言。

      みなさん、新監督を支えるにあたり、各自のできる範囲で構わないので、積極的に協力していきましょうね。

      例えば、早く来れたら球場のライン引き、スコアブックの積極的な記入や審判、ランナーコーチ等、

      各自ちょっとづつ、できることを増やしていきましょう。

      野球中は年上年下、入団時期など関係なく、全員で野球を楽しめる環境を作りたいと思っています。

      もちろん各自、仕事、家庭、愛人等、いろいろなの事情がありますので、

      参加できる日で構いませんので、

      ちょっとづつでも、みんなで協力できたらと思っています。

      俺も頑張りますので、よろしくお願い致します。

      [試合詳細]

      今回は久保田監督チーム(奇数組)vs志村新監督チーム(偶数組)

      まずはオーダーから。

      久保田監督チーム

      1.久保田 3B

      2.菊池 LF

      3.田原 CF

      4.井上 1B

      5.吉添 2B

      6.越坂部さん SS (体験入部)

      7.近藤  C

      8.首藤  P

      志村新監督チーム

      1.高萩 C

      2.博 CF

      3.森田 LF

      4.志村 P

      5.木村 3B

      6.三浦 2B

      7.菊間 CF

      8.堀江 SS

      今年初の紅白戦は、最後まで力の抜けない接戦。

      2-0で久保田チームのリードで迎えた5回裏、志村チームがタイムリーなどで同点に追いつくも

      6回に勝ち越し、7回に追加点を挙げた久保田チームが7回裏をなんとか逃げ切り、久保田チームの勝利!!

      久保田監督の勇退に花を添えました!!

      [今回のハイライト]

      [首藤投手[#21]の快投と近藤捕手[#27]の巧みなリード]

      4イニングを毎回の奪三振で無失点に抑えた首藤投手。

      各打者の特徴を把握した、巧みなリードで投手を引っ張った近藤捕手。

      変化球をいろいろ試したとはいえ、6四球はいけませんが、

      前回のエラーズ戦から、やっとストレートが元に戻ってきたようです。

      T萩選手談『今年の頭からこのぴっちんぐなら、今頃勝ち越せてたのに。。』

      S村選手談『対外試合でこのピッチングしてくださいよ。。』

      [志村投手[#0]の見事なコントロールと狂犬強肩高萩捕手[28]のバッテリー]

      立ち上がりに2点を失うも見事なコントロールで2イニングを無失点に抑え、

      相手に流れを渡さなかった志村投手。

      強肩で盗塁を刺し、相手の盗塁を抑制し、志村投手をリードした高萩投手。

      接戦に持ち込んだのもこのバッテリーがひっぱったおかげでした。

      [先制の2点タイムリー含め2安打1打点の井上選手[17]]

      初回は、先制となるタイムリーヒット、7回はワンバウンドでレフトポールに当てるという神業を見せた井上選手。

      久保田監督に勝利をという思いが形となって2安打を放ち、見事、監督に花を添えました。

      [木村選手[#4]の反撃の一撃]

      2点差の5回裏、同点に追いつくきっかけを作ったのが、木村選手のホームランでした!!

      チーム1の美しい放物線を描く打球を放つ木村選手。

      次の試合でも、期待してます!!

      [久保田監督[#7]勇退試合に、自らに花を添える隠し球??]

      ??

      ほんとうに今回は色々ありすぎて書ききれません。

      エリア34(新監督が命名)、森田選手[#34]の見事な外野守備、

      吉添選手[#3]の今年2本目のヒット

      堀江選手[#6]、三浦選手[#14]、近藤捕手[#27]の痛烈なヒット、

      田原投手[#15]のピンチでの強心臓なピッチングなどなど

      まだまだ書ききれませんが、今回は許してね!!

      [BBQ詳細]

      まずはオーダーから。

      SS 志村 (食材スタンバイ)

      BS 井上 (BBQセット)

      BT 久保田(場所取り)

      BC 森田 (BBQ新キャプテン)

      HO 菊地 (火おこし)

      NH 吉添 (荷物運び)

      KZ 高萩 (片づけ)

      TD 首藤(食べるだけ)

      YP 堀江(よっぱらい)

      気候も暖かく、ほんとうに素敵なBBQでした。

      すべての食材を手配してくれた志村くん、

      参加できないのに、荷物の送り迎えをしてくださった、志村くんの奥様、

      BBQセットをすべて準備してくださった、井上さん、

      朝早くから場所取りをしてくださり、ゴミを持って帰ってくれた久保田さんと奥様、

      みなさんのおかげで、楽しい時間を過ごすことができました!!

      ほんとうにありがとうございました!!

      [今回のMVP]

      [BBQ新キャプテンとして、すべてを仕切ってくれた森田選手!!]

      スーパーシェフ木村選手が不在の中、火の調節から調理、片付けまで、

      見事な手さばきで仕切ってくれた森田選手。

      まるでBBQのプロのような動きで、ほとんどの時間を休むことなく動いてくださいました。

      ほんとうに感服しました。

      そして色々とありがとう御座いました!!

      次にBBQするときは、ゆっくりと過ごしてくださいね!!

      今回はここまで!!

      次回もお楽しみに!!


      第13戦 2015年7月25日 対ビクトリーズ戦 @府中市民球場

      0

        レッドフォクス第13戦

        ビクトリーズ 1-9 東京レッドフォックス

        参加した選手の皆さん、猛暑の中お疲れ様でした。

        無事、ケガ人病人なく試合を終えることができましたね。

        そして8連敗からの、やっとこさの脱出!!

        今季2勝目!!

        [試合詳細]

        今日の先発はエース高梨投手[#18]と近藤捕手[#27]のバッテリー。

        1回表

        息のあったバッテリーは、見事な配球と

        コーナーを突くコントロールで、無失点。

        さすがのピッチング。

        1回裏

        先頭の久保田選手[#7]の技ありのセンター前ヒット。

        後続も四球で続き、相手のエラーで、久しぶりの先制点。

        なおもノーアウト満塁で追加点のチャンス。

        しかしチャンスを生かせずこの回を終える。

        2回表

        味方のエラーにより、1失点を許すも、

        その後、打たせて取るピッチングと

        バックの好守備もあり追加点を許さず、2回表で1-1の同点。

        2回裏

        打撃好調の近藤捕手の痛烈なレフトオーバーの2ベース。

        この回も先頭打者が出塁。

        しかし、後続が倒れ、このチャンスを生かせず。

        3回表

        この回、高梨投手のコントロールが冴え渡り、無失点。

        味方の援護を待つ。

        3回裏

        先頭の久保田選手が四球で出塁。すかさず盗塁を決め、

        この回も先頭打者が塁に出るも、後続が相手投手を捉えきれず、

        この回も無得点で終える。

        4回表

        同点で迎えたこの回。援護がない中でも、高梨投手は打たせて取るピッチングで

        相手に隙を与えず、無失点。この回でマウンドをリリーフに託す。

        4回裏

        1アウトから四球で出塁した田原選手[#19]の盗塁、そして相手エラーにより

        待望の追加点が入り、勝ち越し。

        4回終了で2-1。

        5回表

        レッドフォックス1点リードでリリーフに上がったのは、首藤投手[#21]。

        味方のエラーで出塁を許すも、ノーヒットで後続を断ち、この回を無失点。

        1点のリードを守る。

        5回裏

        追加点の欲しいこの回。

        相手投手が突如乱れ、押し出し、石川選手[#10]のタイムリーなどで

        一挙7得点で9-1とし、ゲームを決める。

        6回表

        時間的にこの回が最終回。

        首藤投手は相手にヒットを許すも、この回も無失点で抑えゲームセット!!

        [今回のハイライト]

        [エース高梨投手[#18]と近藤捕手[#27]の息のあったバッテリー]

        素晴らしいコントロールと、相手を翻弄する巧みなリードで

        4回を1失点(自責点0)でゲームを作ったベテランバッテリー。

        味方の援護がない中でも、集中力を切らさない精神力に脱帽でした。

        [久保田選手[#7]と田原選手[#19]、灼熱の中の3盗塁!!]

        ヒットが続かない中、なんとか先の塁へという2人の姿勢。

        ベテラン2人が灼熱の中、3盗塁で得点に貢献。

        これは見習わないといけませんね!!

        [キャプテンからのコメント]

        勝ち取った感がないのは否めないものの、久しぶりの勝利、やっぱり嬉しいですね。

        今日も守備は固く、締まった試合だと思いました。

        監督も言っておられましたが、積極的なエラーは全然OKだと思います。

        草野球には付き物ですし、エラーしていない人はこのチームに1人もいないのですから。

        だからこそ、全員でフォローしていくチームであって欲しいですね。

        みんなが萎縮することなく、のびのびとプレイできる姿が理想かな。

        わざとエラーをいじってお互いに笑い飛ばすのも、

        誰かが肩を叩いてフォローするのも、

        時にはウィットに富んだヤジを飛ばすのも、

        あいがあればOKだと思ってます。

        誰もが同じ目線であればOKだと思っています。

        各自色々な思いがあった上で、参加しているチームですからね。

        ただ勝つだけなら、イキのいい高校野球経験者をいっぱい募れば良いのですから。

        でも、このチームの良いところってそこじゃないですしね。

        いろんなスタンスで参加しているチームメイトが、

        それぞれ自分のスタンスで個性を開放できれば、

        めっちゃ素敵なチームだと思っています。

        その上で勝利できれば、

        なによりも最高じゃないですか。

        って俺は思っています。

        そのためにもみなさんの個性を開放できるチームでありたいなとおもとりますわ。

        俺もまだまだですが、キャプテンとしても、ピッチャーとしても

        マウンドの上でもそう心がけていきたいと思ってます。

        みなさんも、そう思ってプレイに臨んでいただければ嬉しいですなぁ。

        さてさて、次回は久しぶりの練習ですね。

        これだけ言っておきながら、

        シュトウは夏休みで、行ける確率は低いのですが。。。。


        第12戦 2015年7月11日 対ワンサイドパワーズ戦 @郷土の森第2野球場

        0

          レッドフォクス第12戦

          ワンサイドパワーズ 12-1 東京レッドフォックス

          みなさん、蒸し暑い中お疲れさまでした。
          今回は、監督不在のため、シュトウが采配させていただきました。

          今回も、若干登録順ではないオーダーとさせていただきました。
          せっかく早く登録したのに、打順が後ろの選手もいたかもしれませんが、
          今回も許してね。

          [報告]


          本日体験入部でこられた、森田さんの正式入部が決定しました。

          皆さん、よろしくお願いします。


          [試合詳細]

          今回は、初先発の博投手[#26]と志村捕手[#0]のバッテリーでスタート。

          初先発にかかわらず、落ち着いた投球を見せるも、不運な当たりが続き、

          初回3点を失ってしまう。

          その裏、打線は相手ピッチャーの速球に合わせることができず、1イニング3三振を奪われてしまう。

          2回表、肩が温まってきた博投手。しかし味方のエラーも絡み、不運な形で2失点。

          2回裏、去年の首位打者、田中選手[#15]から始まる打線。反撃の期待が高まる。

          しかし次の瞬間相手ピッチャーの速球が、田中選手の側頭部を直撃。

          一瞬ベンチが凍りつくも、すぐに起き上がって一塁へ向かう田中選手。

          全員が心配する中、タフな田中選手は2盗に成功!!

          そんな田中選手の気合いにつられ、続く山内選手[#20]も内野安打で、2アウト1-3塁のチャンス。

          反撃の流れを掴む大事なチャンスで、主将の首藤選手[#21]がボックスへ。

          しかし、ファールで追い込まれてからの、抜いた変化球に見事にはまり、三振!!

          へこんでベンチへ。。キャプテン、しっかりして〜。

          3回表、この暑さで疲労が若干出てきた博投手。

          この回ピンチを背負うも、ショート高萩選手[#28]から志村捕手[#0]へのホームクロスプレー、

          サード首藤選手[#21]の謎のホームワンバウンドフォースプレー(NWBFP)などもあり

          この回1失点でマウンドをリリーフへ託す。

          3回裏も無得点のレッドフォックス。

          4回表から、山内投手[#20]と近藤捕手[#27]のバッテリー。

          しかし、相手打線の勢いは変わらず、この回も3失点。

          4回裏、体験入部の須山くんのヒット、チーム四球数1位の吉添選手[#3]の見事な選球眼で1-3塁のチャンス。

          ここで4番木村選手[#4]が見事なタイムリーで1点を返す!!

          そして5回表

          山内投手から首藤投手へスイッチ。

          しかし、ずっこけ投球も含む、2アウトしか取れずのずっこけピッチ、時間切れでゲームセット。

          キャプテン、しっかりして〜。

          [今回のハイライト]

          [4番木村選手[#4]待望のタイムリー]

          4回裏、4番打者の期待に応える、見事なタイムリーヒット。

          今後も痛烈な当たりを期待しています!!


          [常に声を出してチームを盛り上げてくれる今井選手[#7]]

          ベンチからも、コーチャーズボックスからも、

          常に声を出して、チームの雰囲気を作ってくれる今井選手[#7]。

          どれだけ大差が付いていても、必ず声をだして盛り上げてくれる姿を見て、

          見習うべきものがたくさんあることに気づきました。

          これからもよろしくです。


          さて、これで1勝11敗となり、なんと借金10。。

          もちろん、「 楽しみながら勝利を狙う」がこのチームのモットーです。

          ですので、「楽しみながら今年中に借金を返す」でいきましょう!!

          キャプテン、しっかりして〜。


          第9戦 2015年5月30日 対DOOBIES戦 @府中市民球場

          0

            レッドフォクス第9戦

            DOOBIES 12-4 東京レッドフォックス

            第9戦参加したみなさん、灼熱の中お疲れさまでした。
            久保田監督が謹慎処分??で1試合の出場停止のため、今回シュトウが采配させていただきました。

            今回は登録順ではないオーダーとさせていただきました。
            せっかく早く登録したのに、打順が後ろの選手もいたかもしれませんが、
            今回は許してね。

            最終的に9人ギリギリでの試合でしたが、無事けが人なく、そして敗北しましたね。。
            試合には負けたものの、なんとか9人で、スコアブック、ランナーコーチ、審判、グランド整備まで、
            みなさんが自主的に動いてくれたおかげで、スムーズに試合を運ぶことができました。
            久保田監督が、普段どれだけ大変かがよく分かる1日でした。。
            監督、いつもありがとうございます。
            (そして高萩くん、最初から最後まで、スコアブックありがとう!!)

            守備の間、スコアラーがいなかったので、相手チームにスコアを聞いて記入しています。
            守備面のスコアブック、もし間違ってたらごめんなさいね。

            さてさて、試合詳細はというと。。。


            [試合詳細]

            まずは今回のスタメンから。

            1.高萩 SS
            2.博  LF
            3.志村 CF
            4.石川 1B
            5.近藤 C
            6.吉添 2B
            7.尾下 3B
            8.首藤 RF
            9.山内 P


            1回表、先発の山内投手[#20]が素晴らしい立ち上がりを見せ、強打者をキレのある変化球で押さえ込み
            無失点に抑える。

            1回裏、先頭打者の高萩選手[#28]がフォアボールを選ぶと、すかさず盗塁。
            2者が倒れた後、4番石川選手[#10]もフォアボール。
            続く5番近藤捕手[#27]の痛烈なタイムリーで、強敵から先制点を奪う!!

            2回表、先発の山内投手は、絶妙なコントロールと、キレのある変化球にもかかわらず、
            不運なヒットが連発してしまい、この回9失点を献上してしまう。

            2回裏、早くも敗北ムードが漂う中、1アウトから、8番首藤選手[#21]がフォアボールで出塁後、盗塁。

            後続が倒れ2アウトになるも、1番高萩選手が、ムードを払拭する強烈な左中間へのランニングホームラン!!
            続く博選手[#26]も痛烈なヒットで続き、3番志村選手[#0]のセンターのエラーを誘うぶっといライナーで、
            この回3点を奪う。

            なんか、久々に見た、レッドフォックスの得点シーン!!
            気持ちのいい瞬間でした。

            2回終了で9-4。

            3回からは首藤投手[#21]が登板。
            フォーム改造の効果があってか、3回表を無失点で抑える。


            3回裏、4回裏は相手投手の術中にはまり、レッドフォックスは無得点で終わる。。

            4回表、まだ安定しないフォーム改造が露呈しつつ、首藤投手は1点、5回表に2点を奪われ、
            時間的に最終回となる5回裏。

            最後まで相手投手を捉えきれず、ゲームセット。。。


            [今回のハイライト]

            [レッドフォックスの切り込みOP隊長、高萩選手[#28]]

            快心の打撃と、俊足を活かし、1本塁打2打点2盗塁の大活躍。
            安定したショートの守備で何度もピンチを救ってくれました。
            頼もしい限りです。


            [鉄壁なサード守備でピッチャーを救った、尾下選手[#30]]

            初のサード先発の尾下選手。鉄壁の守備で再三のサードゴロも完璧に処理。
            期待通りの活躍を見せてくれました。
            ポジション争いの激しいサード。さらなる活躍を期待してます。

            [チャンスに強いバッティングで今季4打点目、近藤選手[#27]]

            チャンスでまたまたタイムリーの近藤選手。
            キャッチャーというきついポジションながら、
            つねに手を抜かないバッティングで今季4打点目!!
            本当に頼りになりますね!!

            [補足]
            博くん、ヨッシー、厳しい審判でごめんね。
            今日はお互いに、ストライクゾーンを広く取っていこうって感じだったからさ。
            にしても、ちょっと厳しすぎたかな。。。

            今回、ほとんどエラーもなく、その面では締まった試合でした。(大敗ですが。。)
            おれももうちょっと踏ん張らないとね。

            さて、これで1勝8敗となり、今季最大借金7。。
            投手も打者も守備面も頑張っていきましょう。

            そしてなんとか一つづつ返していきましょう。
            みなさんよろしくです。


            第1回 BBQ大会&へべれけ地獄ノック

            0

              [2015年5月16日]

              皆さん、土曜日はお疲れさまでした。

              せっかくの紅白戦でしたが、雨のためグランドが使用できず、

              残念ながらノーゲームとなってしまいました。

              ですが、その後、皆さんで有意義なBBQが開催できました!!

              はじめに、今回の企画、そして食材、お酒や最後のゴミ、
              17時からの急遽の球場確保、何から何まで段取りしてくださった久保田監督
              完璧なまでのBBQセットやテントなどを準備してくださった井上さん奥様らいとくん

              監督とともに色々な手配してくれたり、最後のゴミを持って帰ってくれた志村くん奥様志村Jrくん

              木炭の準備や最後のゴミなどを持って帰っていただいた、田中さん奥様シンノスケくん

              練習後に残ったゴミを、自転車で持って帰ってくださった可知さんリョウスケくん

              まずはこのみなさんに感謝です。
              おかげで、みんなが楽しめるBBQ大会を開催することができました!!
              本当に有難うございました!!

              まずはBBQのハイライトから!!


              [今回のBBQハイライト]

              [河川敷生活10年ばりの見事な七輪さばき、菊地選手[#13]]

              菊地選手の見事な火おこしと、おしゃれな持ち込み食材のおかげで、ワンランク上のBBQができました。
              河川敷、軍手、うちわ、七輪、菊地くん。
              あとはブルーシートのテントがあれば、完璧な絵面だったんですが。

              [炭火でイタリアンから炉端まで、スーパーシェフ木村選手[#4]]
              見事なナイフさばきでたこウインナーを作り、繊細な味付けでナポリタンを作り、
              誰も成し得なかったタレホルモンを焼く。。。
              試合中では見せない真剣な表情でつくる木村シェフの料理に、みんなから「美味しすぎる」との声が。。
              今日のお立ち台は木村選手でした。

              [アベックホームラン、3番堀江選手[#6]、4番八島選手[#29]]
              スタートから約1時間で、ヘベレケの堀江選手と八島選手。
              その後、2人でヘベレケヒットを量産、
              ついにはアベックホームランを決めて、もう誰も止められない存在に。。。


              その後、17時からはヘベレケのまま、地獄の特訓の為、郷土の森第一野球場Bへ!!
              14時頃に、シュトウを含む数名の選手から、紅白戦をできなかった鬱憤が吐き出し、その勢いで
              『17時からグランド空いてるなら、練習するぞ!!!!」

              となり、久保田監督と吉添くんがグランドの手配をしてくれました!!
              17時から参加できる選手はそのままグランドへ直行。

              しかし、半数以上がヘベレケのまま。。。。
              こんな状態でも野球をやろうとするレッドフォックス。
              なんて素敵なチームなんでしょ!!

              シンノスケくん、リョウスケクンも参戦!!
              そんな中、急遽の練習のお誘いメールをみて、17時から駆けつけてくれた尾下選手。
              ほとんどがヘベレケのなか、つきあってくれて本当にありがとうです!!

              さて練習メニューは。。。
              キャッチボールの後、
              可知選手[#24]の強烈な地獄ノックからスタートし、
              その後3チームによるミニゲームで連携プレーなどの練習。

              みんなヨレヨレのなか、地獄の2時間、本当にお疲れさまでした!!

              では最後に練習のハイライト!!

              [強烈な打撃と俊敏な守備、田中選手[#15]と木村選手[#4]]
              相変わらずの強烈な打撃をみせてくれた田中選手と木村選手。
              全打席で素晴らしい当たりを連発し、打撃お手本を見せてくれた田中選手は、
              盗塁でも守備でも、キレのある動きを披露!!

              木村選手も、マイバットでレフトオーバーを連発。
              守備では「本職のサードは誰にも渡さない」と、ノックで公言した通り、
              強烈なゴロも、難なく捌く!!

              [地獄ノックでメガネ紛失、流血事件八島選手[#29]]
              しっかりキャッチできるまで続く、可知選手の地獄ノック!!
              素晴らしい強烈ノックで野手を左右に動かし、選手を鍛えてくれました。
              そんななか事件は起きました。
              酔拳でボールを追いかける八島選手でしたが、あと少しでボールに届かず、
              3連続目のノックをキャッチしようとダイビング!!
              しかし酔いが抜けていないせいもあって、ダイビング時に顔から地面に。。
              あのあと大丈夫でしたか???
              本当にお疲れさまでした!!

              [ナイスピッチングを披露した博選手[#26]、尾下選手[#30]、吉添選手[#3]]
              肩の痛みで途中降板したシュトウに変わり、マウンドに上がった博選手。
              重いストレートと大きな変化球で見事にバッターを打ち取ると、
              その後の尾下選手は、速球で才能の片鱗を見せてくれました。
              その後マウンドに上がった吉添選手は、サイドスローからのキレのあるボールを投げ込み、
              打たれはしたものの、ピッチャーとしての可能性を見せてくれました。
              ヨッシーくん、あとは牽制球を覚えないとね!!

              さて次回は5/30
              相手は強豪です。
              が、やるしかない。
              本当に勝ちに行きましょう。

              おれも頑張りますんで、よろしくです。




               


              第8戦 対ワンサイドパワーズ戦@郷土の森第1野球場

              0

                [2015年5月2日]

                レッドフォクス第8戦

                ワンサイドパワーズ 14-0 東京レッドフォックス

                第8戦参加の皆さん、お疲れさまでした。

                あまりにも悔しい負けなので、ブログ書くの遅くなってしまいました。。

                先発として、キャプテンとして、
                こんな試合になって申し訳ない。。

                今度は抑えます。


                第7戦 2015年4月25日 対レッドスターズ戦 @千葉マリンスタジアム

                0

                  [2015年4月25日]

                  レッドフォクス第7戦

                  レッドスターズ 13-2 東京レッドフォックス


                  第7戦参加の皆さん、お疲れさまでした。
                  千葉マリンスタジアム、本当に気持ちよかったですね。
                  まさかここで野球ができるなんて、すてきな1日でした。
                  その上、試合に勝てたらもっとよかったんですが。。。

                  まずは、参加選手全員で記念写真。

                  qvc2
                  可知JrJr.選手の見事なヘッドスライディングからゲームスタート!!

                  [試合詳細]

                  本日はマリンスタジアムということもあり、イニングごとに全員がいろいろなポジションを試すという
                  実験的な試合!!
                  しかも2時間で9回までプレイできるように、超スピーディーな展開な中、
                  1試合で6投手が登板予定という、ワイルドな試合!!

                  まず、1・2回は、エース高梨投手[#18]と井上捕手[#17]のバッテリー。
                  ヒット性の当たりは少なかったものの、
                  不慣れな人工芝の試合ということもあってか、味方のエラーもあり、
                  2イニングで8点を先制される。

                  打線は、現在首位打者の田原選手[#19]のヒットが出るものの、得点には繋がらず、
                  2回終了で8-0のビハインド。

                  3・4回は、首藤投手[#21]と永水捕手[#8]のバッテリー。
                  永水捕手の好リード、ショート可知Jr.選手[#99]の好守備もあり、2イニングを無失点に抑える。

                  3回、期待の木村選手[#4]の待望の今季初ヒット、
                  校長??いや違った、好調の石川選手[#10]のヒットが出るものの、今回も得点に繋がらず。

                  4回終了で8-0のまま。

                  5回、満を持して久保田投手[#7]が今シーズンの初マウンドへ。
                  抜群のコントロールも、相手のまさかのホームスチールもあり、3点を失ってしまう。

                  打線では、田原選手の2打席連続ヒット、首藤選手、田中選手[#15]がヒットを放つも、得点できず。

                  5回終了で11-0となってしまう。

                  6回は、永水投手[#8]がマウンドへ。
                  完璧なピッチングで相手を抑え、1イニングを無失点!!

                  7回は、可知Jr.投手が登板!!

                  見事なコントロールで、相手を抑え込む!!

                  打線では、井上選手のヒットなどで、ようやく2点を返し、
                  7回終了で12-2。

                  8回は、チームの守護神、田原投手が登板!!
                  しかし、時間が迫っており、久保田捕手のチンプレーでゲームセット!!



                  [今回のハイライト]

                  [好調田原選手、この試合も2安打で、打率.500!!]
                  守備では、不慣れな人工芝のせいで、強靭な田原選手にしては珍しくずっこけ?シーンもありましたが、
                  打撃は絶好調!!
                  今日も2安打を放ち、打率.500へ到達!!

                  去年首位打者の田中選手の.704の記録に迫る勢いです!!

                  [木村選手、待望の初ヒット!!]

                  今日の試合で、前回忘れて帰ったマイバットを、今日は持参しなかった木村選手!!
                  しかし、今日の第1打席で、見事なセンター前ヒットを放ち、今シーズン初ヒット!!
                  ついに大砲の目覚める時がやってきました!!
                  次回も大いに期待しています!!

                   

                  [可知Jr.選手の見事なプレー]

                  本日参加してくれた、可知Jr.選手。
                  中学2年生ながら、安定したショートの守備で好プレーを続出!!
                  ぜひ次回も参加してほしいな。。。

                  [最後の最後にチンプレー]

                  残り時間あと1分。田原投手の投じた1球。
                  相手打者がチップした後、ボールが行方不明に。

                  全員が目を疑った瞬間、ベース上に四つん這いになる久保田捕手。。。
                  ボールが行方不明。。

                  久保田捕手の四つん這いの腰を、何人かで叩いてみるも、
                  ボールは行方不明。。。

                  ボールは行方不明のまま、ゲームセットとなる。

                  久保田監督、もう体は大丈夫でしょうか??
                  ボールは見つかったでしょうか??


                  今回の敗因は、人工芝ということで。。


                  [次回]

                  さて次は5月2日(土)9:00〜
                  郷土の森第一野球場でワンサイドパワーズさんとの今季初対戦!!

                  只今レッドフォックスは今季2度目の3連敗中。
                  このままだとストレスが溜まりますな。
                  紅白戦を前に、なんとしても次回は勝ちたい。
                  次回は全員でしっかり守って、集中力で勝ちを取りに行こう!!
                  みんな、よろしくです!!

                   


                  第5戦 2015年4月18日 対オウルズ戦 第6戦 対プレイヤヘイターズ戦@郷土の森第1野球場

                  0

                    [2015年4月18日]

                    レッドフォクス第5戦

                    オウルズ 26-0 東京レッドフォックス

                    レッドフォクス第6戦

                    プレイヤヘイターズ 9-3 東京レッドフォックス

                    5戦6戦参加した選手の皆さん、今季初のダブルヘッダーお疲れさまでした。。
                    ほんと、お疲れさまでした。。。。

                    ほんとお疲れさまでした。。。。。。。。。

                    今回はシュトウは途中参加のため、試合詳細は割愛させていただきます。
                    ということで、大敗ではありましたが、次につながる明るい材料もありましたので、
                    今回はハイライトから!!


                    [今回のハイライト]

                    [高萩選手[#28]、2試合で3打数3安打、センターではファインプレイ続出]

                    上野のOP帰りの高萩選手が、2試合で3打数3安打の猛打賞、2試合目のセンターの守備では、
                    強風の中、ファインプレー続出!!
                    OPパワー炸裂の大活躍!!

                    [今季チーム初HR、石川選手[#10]]
                    2試合目の第1打席、チーム今季第1号となる右中間への見事なホームラン!!
                    2号、3号も期待しています!!

                    [マイバット復活?? 木村選手[#4]]
                    2試合目のとある打席、最近マイバットを使用していなかった木村選手が、何とネクストでマイバットでスタンバイ!!
                    やっとマイバットの呪いから解き放たれる瞬間が来た!!
                    とベンチ全員が期待!!
                    が、しかし!!
                    次の瞬間、全員が驚きに包まれた!!
                    打席に入った木村選手の手には、何と他人のバットが!?


                    [外のベンチに、ポツンとオレンジのバット。。。]
                    試合終了後、みんなが退散したあと、近藤捕手[#27]が、外のベンチにオレンジの物体を発見。
                    それは、なんと先ほど帰ったはずの木村選手[#4]のマイバット。。
                    忘れて帰ってしまったようでした。。。

                    木村選手の連絡先が分からなかったので、
                    シュトウが持って帰ろうと思いましたが、
                    バットケースがなく、
                    この裸の金属バットを、
                    シュトウの風貌で、
                    手に
                    持って、
                    京王電車に乗るとなると、
                    改札を通してもらえるのか?
                    お巡りさんに連行されはしないか?
                    子供達が悲鳴をあげたりはしないか?

                    ということになり、持って帰るのは諦め、
                    BBSにて一斉送信することとなりました。
                    無事、木村選手が引き返して取りにきたので、
                    ことなきを得ました。

                    [次回]

                    さて次は4月25日(土)

                    マリンスタジアム

                    すごい楽しみですね!!


                    第4戦 2015年4月4日 対シーザーズ戦@郷土の森第1野球場

                    0
                      [2015年4月4日]

                      レッドフォクス第4戦

                      シーザーズ 5-6 東京レッドフォックス

                      今季第4戦で、初勝利!!!!
                      最後はハラハラドキドキでしたが、最後は勝利をもぎ取りました!!
                      参加選手の皆さん、お疲れ様でした!!

                      [試合詳細]

                      [1回]
                      今日のバッテリーは首藤投手[#21]と近藤捕手[#27]。
                      立ち上がりピリッとしない首藤投手。先頭打者にヒットを許し、その後タイムリーを許し、2点を先制される。

                      その裏の攻撃。
                      1アウトから2番吉添選手[#3]の内野安打、そして盗塁で得点圏にランナーを置き、
                      ここで3番、今季初打席の井上選手[#17]。

                      さすがは井上選手。初打席にも関わらず、痛烈なタイムリーヒットで2-1。

                      続く4番木村選手[#4]が倒れるも、5番、現在首位打者の田原選手[#19]のタイムリーで初回から同点に追いつく!!
                      続く6番菊間選手[#16]も今季初打席にして鋭いヒットを放つ!!
                      しかし、後続が倒れ、1回終了で2-2の同点。 

                      [2回]
                      同点に追いついてもらった首藤投手は2回。
                      ランナーを出すも、この回を0で抑える。

                      その裏の攻撃。
                      1アウトから近藤選手[#27]の痛烈なヒット。その後盗塁で1回に続き得点圏にランナーを置く。
                      そしてバッターは強打者永水選手[#8]。

                      逆転へのベンチの期待が高まる中、相手ピッチャーが投じた初球。
                      なんと永水選手の背中に直撃し、ベンチとしても痛い痛いデッドボール。

                      しかし逆転のチャンスは続く。永水選手の予告盗塁!?もあり、1アウト2-3塁
                      次のバッターはベテラン石川選手[#10]。
                      一打逆転の場面で、打球はセンターへ。犠牲フライになるか!!

                      相手センターがキャッチとともにバックホームへ!!
                      近藤選手も3塁から懸命の走塁でホームでのクロスプレー!!

                      相手の素晴らしい中継プレーで、クロスプレーは残念ながらアウト。。
                      逆転ならず。

                      2回終了で2-2。

                      [3回]
                      やっとエンジンがかかってきたかにみえた首藤投手。
                      変化球も決まり始め(遅い!!)たが、
                      味方のエラーもあり、この回1点を許す。

                      その裏のレッドフォックスの攻撃はフォアボールでランナーを貯めるも、無得点で終わる。
                      3回終了で3-2の1点ビハインド。

                      [4回]
                      この回から、近藤捕手にかわり志村捕手[#0]がマスクをかぶる。
                      やっとエンジンのかかった首藤投手はこの回3者凡退に抑え流れを作り、その裏の攻撃を迎える。

                      1アウトから、2打席連続となる田原選手のヒット。
                      そして、持ち前の選球眼で菊間選手がフォアボールを選び2打席連続の出塁、そしてダブルスチール。
                      1アウト2-3塁で、バッターはチャンスに強いKロッド菊地選手[#13]。

                      ベンチの期待を裏切らない菊地選手は、見事ライトに2点タイムリーを放ち、逆転に成功!!
                      さらに、続く志村選手もタイムリーヒット!!
                      その後志村選手の好走塁もあり、近藤選手の内野ゴロの間に、ホームイン!!
                      この回、一挙4点を奪い、4回終了で3-6。逆転に成功。

                      [5回]
                      逆転してもらった次の回。この回を0で抑えれば、一気に流れを引き寄せることができる大事なイニング。
                      首藤投手は満塁のピンチを招くも、なんとか0で抑え、勝ち投手の権利を持って、この回で降板。

                      その裏の攻撃は3者凡退に終わり、時間的に次の回が最終回となる。
                      5回終了で3-6の3点リード。

                      [6回]
                      この回から、ピッチャーは今シーズン新加入の今井投手[#9]。
                      新クローザーの期待が高まる中の登板。
                      しかし、5年ぶりの投球もあり、連続フォアボールで2失点を喫する。

                      この時点で5-6の1点差。なおもノーアウト2-3塁の逆転のピンチ。
                      このピンチで、久保田監督[#7]が立ち上がり、レフト田原選手と今井投手の交代を審判に告げる。

                      このピンチでマウンドに上がった田原投手は、絶妙のコントロールで2アウトまでこぎつける。
                      そして2アウト2-3塁。
                      相手バッターは逆転の一打を狙う中、守護神、田原投手の投げた球は、相手バッターの芯を外す投球!!

                      打球はフラフラ〜とレフトへ上がる。
                      このフライを取れば初勝利!!

                      そしてこれを今井選手がキャッチしゲームセット!!

                      今シーズンの初勝利を掴む!!

                      [今日のヒーロー]

                      [逆転の2点タイムリー、Kロッド菊地選手]

                      チャンスになると、必ず結果を残す2013年の4冠王!!
                      はしご車打法で、今日の、逆転のタイムリーで初勝利を引き寄せてくれました!!
                      その後の砂煙りを上げての盗塁も最高!!
                      頼りにしてます!!

                      [今季初打席でいきなりタイムリー、井上選手]
                      1回、初打席で流れを作るタイムリー!!
                      ファースト守備でも、難しい送球を難なく捌き、
                      守備中はピッチャー、野手を鼓舞し、
                      バットでもチームを引っ張ってチームに勝利を呼び込んでくれました!!
                      俺にとっても、本当に本当になくてはならない存在です。

                      [投打で大活躍、田原選手]
                      打っては2打数2安打1打点。
                      投げては、最終回の1打逆転のピンチを抑え、投打で大活躍!!
                      田原選手の活躍がなかったら、今日の勝利は無かったと思います。

                      [今日のプチヒーロー]

                      [今季初打席でシャープな打撃は健在、菊間選手]

                      今季初打席にも関わらず、健在だった鋭い打撃!!
                      2打席目は持ち前の選球眼でフォアボールを選び、
                      菊地選手の逆転タイムリーのお膳立て!!

                      [ピンチの場面で冷静な采配、久保田監督]
                      最終回の1打逆転のピンチの場面。
                      ベンチ、野手全員が逆転の雰囲気に包まれる中、
                      冷静な采配で田原投手を起用。
                      その起用が見事に当たり、見事初勝利を掴む!!

                      [新キャッチャー志村捕手]
                      4回からマスクを被った今年コンバートの志村捕手。
                      正捕手の近藤捕手の安定感とピッチャーをグイグイ引っ張る強力なリーダーシップ。
                      そして荒削りながら、強肩と強気なリードを見せてくれた志村捕手。
                      バッターとしても、毎試合ヒットを放つ強打者。
                      この2人のコンビネーションでレッドフォックスの新しい型を作って欲しいです!!

                      [3戦目の先発で初勝利、首藤投手]
                      詰めの甘さは相変わらずですが、最低限の仕事でゲームを作りました(自分で言うのは悲しい。。。)
                      詰めの甘さを修正しないと、まだまだエースの座は遠いですが。。
                      次回目指すは完封勝利!!

                      [次回]
                      さて次は4月18日(土)
                      郷土の森 第一野球場C
                      9:00〜の第5戦&第6戦のダブルヘッダーです!!
                      2連勝、3連勝といきたいですなぁ。
                       

                      | 1/27PAGES | >>

                      東京RED FOX

                      熱血ライター募集中!

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>

                      最新の投稿記事リスト

                      アーカイブ

                      最近のコメントリスト

                      • 2015年12月12日 東京レッドフォックスWヘッダー @府中市民球場
                        #34 (12/22)
                      • 2015年12月12日 東京レッドフォックスWヘッダー @府中市民球場
                        #0 (12/22)
                      • 2015年12月12日 東京レッドフォックスWヘッダー @府中市民球場
                        #7 (12/21)
                      • 2015年12月12日 東京レッドフォックスWヘッダー @府中市民球場
                        #27 (12/19)
                      • 第1戦 2015年11月21日 東京レッドフォックス紅白戦 @是政野球場
                        #17 (11/29)
                      • 第1戦 2015年11月21日 東京レッドフォックス紅白戦 @是政野球場
                        #28 (11/28)
                      • 第1戦 2015年11月21日 東京レッドフォックス紅白戦 @是政野球場
                        #21 (11/24)
                      • 第1戦 2015年11月21日 東京レッドフォックス紅白戦 @是政野球場
                        #7 (11/24)
                      • 第1戦 2015年11月21日 東京レッドフォックス紅白戦 @是政野球場
                        TEXAS (11/23)
                      • 第1戦 2015年11月21日 東京レッドフォックス紅白戦 @是政野球場
                        #0 (11/23)

                      投稿内容の検索

                      その他